投稿者「ohmomo102」のアーカイブ

茨城県結城市に行ってきました。

茨城県結城市の大豆畑に行ってきました。
朝5時に池袋を出発して、約2時間(一般道)で結城市の畑に着きます。

2011.3.11までは毎週日曜日に1週間分のおからを持って通っていました。
当時、畑を借りてお客さんと一緒に農作業をしていました。
私は大豆問屋さんに産地と大桃豆腐をつなげてもらいました。
今度は私がお客さんと産地をつなげる番だという気持ちがありました。

20161106_yuuki_daizubatake_1

大桃豆腐のショップカードには

大豆を作る人
豆腐を作る人
豆腐を食べる人
みんなが見える豆腐作りを目指します。

と書いています。
少しずつ考えていたことが現実になってきたな〜と思っていたときの原発事故でした。

20161106_yuuki_daizubatake_2

3.11以後結城市の大豆を使わなかった時期もありましたが、今また大豆を作ってもらうことができました。
本当にありがたいことです。

26年産の大豆は可能なかぎり放射能測定をして使いました。
1袋もセシウム134/137合計で1Bq/kgを超える大豆はありませんでした。
畑の土壌もだいぶ低いです。
もう数十Bq/kgでした。
(私が住んでいる自宅のほうが何十倍も高いです。)

今年の大豆も放射能測定をしながら使いたいと思います。

お客さんにはそんなこと気にしないで食べてもらいたいからです。

茨城県結城市大豆畑の写真が送られてきました。

daizubatake_yuuki_20161102
撮影:2016/11/02

収穫間近です。
収穫後は乾燥調製、選別、袋詰め、検査を経て問屋さんの倉庫に運ばれます。
大桃豆腐の倉庫に届くのは2月ころになるのかな〜?

実はこの大豆にはまだ名前がありません。
在来種であると思われるので「茨城在来」と呼んできました。
この大豆との出会いは板橋区前野町にある「つくばのやさい畑」という産直店です。
棚に置いてあった一袋の大豆を煮豆にして食べたら美味しかったので、この大豆でお豆腐を作ってみたいという好奇心が今日に繋がっています。
この大豆の生産農家さんに名前を聞いてもわかりませんでした。
枝豆や味噌など自家消費用の大豆だったのです。

今年は名前をつけてあげたいと思います。

2016年7月より一部商品の価格変更をします。

kakaku_20160701

この時期に大変お願いしにくいことですが、7月より一部商品の値上げをすることにいたしました。大豆の価格が3年前より高値傾向にあります。今年の市場価格はもとに戻るだろうと思っていましたが下がる見込みはありません。また原料価格以外にも資材の高騰が続いたことも考えて、今回値上げをすることにいたしました。今の作り方を続けるためにもどうぞご理解ください。

7月からの商品価格

絹          230円
木綿         230円
池袋豆腐       230円
大がんも       230円
小がんも(4入)   230円
生揚げ        230円
油揚げ(2入)    230円
くみ湯葉       450円
お稲荷さん用(10入)380円
豆乳         140円
権座 絹       230円
権座 寄せ      230円
(価格変更とともにシールデザインを変更する商品もあります。)

原材料について
大 豆:国産大豆
凝固剤:粗製海水塩化マグネシウム(にがり)
消泡剤:使用しません。
植物油:なたね油(カナダ産nonGMO菜種)
その他:油揚げ製造時に炭酸カルシウム使用

(勝手に)私も選挙に行きます。キャンペーン

いよいよ明日、豊島区は区議選区長選です。
前回の投稿から、間があいて選挙前日になってしまいました。
店頭には少しずつ置いていったのですが、ここには更新できないでいました。
すでに前日ですが店頭に置いてあるチラシをアップします。

IMGP1232

senkyo_1

senkyo_2

senkyo_3

kouhosha_0

kouhosha_1

kouhosha_2

私が書いたのは、誰がどんな政策を打ち出しているのか何もわからないチラシになってしまいました。
区報を見るとみんな似たような言葉が書いてあります。どの候補者も豊島区を良くしたいと考えているのでしょうが(そうあってほしいものです。)、そのための方法論まで書かれていません。少なくとも私には読み取れませんでした。候補者へのアンケート調査でもすれば少しは差別化ができたのかもしれませんができませんでした。
一番いいのは候補者の方と話す時間を作ることですね。
ただ、過去の「区議会だより」や「ホームページ」を調べていて、国政と地方議会のリンクに疑問を感じましたので、その点で書いてみました。きっと、どこの地方議会も同じ仕組みが出来上がっているのではないでしょうか?

後半3枚は候補者一覧をソートしてみました。
自分と同じ世代に託してもいいですし、
女性議員を今以上に増やしてもいいですし、
政党から判断してもいいですし、
今の区政を継続してもいいですし、
それぞれ、何か意図して投票所に行ってもらいたいなと思います。
そして、1票持って参加した区議会に関心を持ってもらいたいと思います。

私が豆腐屋としてやりたいことを続けるためには政治に関心を持たざる得ませんでした。
本当はみんなそうなんだと思います。

私も選挙に行きます。キャンペーン

今年の4月に統一地方選挙があります。

豊島区区議選・区長選は4月26日(日)です。
告示が4月19日なので、告示されてからたった1週間で投票ということになります。
ちょっと考えている時間が無い気もしますね。
そこで、告示前から少しずつ予備知識を共有したいと思います。

そこで『私も選挙に行きます。キャンペーン』を開始します。

私が勝手に調べて、予想して、書いていることなので間違った表現をしているところもあるかもしれません。
もし、そのような箇所がありましたらメールで教えてください。
info@ohmomo.com
自分で判断して、訂正するべきところは訂正したいと思います。

第1回は
『私も選挙に行きます。キャンペーン Vol.1』
豊島区の前回区議選の投票結果と現在の住民基本台帳から見えてくることを書いてみました。
特に若い世代に投票に行ってほしいという思いがあります。

今回の選挙結果によって当選した人が今後4年間地方議会で政策を決めたり、請願陳情の採択したり、国へ意見書を出したりします。
「選挙なんて。」と思っている人も4年後には、あの時選挙に行っておけばと思うかもしれません。
それほど、政治がめまぐるしく変化していますし、国政と地方自治がリンクしています。
私は今になって気がつきました。

と言うことで、これから少し選挙モードに入りたいと思います。

私の中では、政治は商売におおいに影響を与えることだと思うので、お店でも避けるのではなく関わっていきたいと思います。
お客さんが減りませんように。